スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2017.06.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

伊豆ダイビングへ行く

関東に来たのだから、近場のダイブポイントに行ってみたい
近くのダイビングショップに6月ごろふらふらっとお邪魔して。
ウエットで潜れるのは8月からと聞き
(ドライは着たことないものなので心配)
8月に改めてショップに電話して9月の初めに予約しました。

久しぶりってほどでもなかったけど、自信がないのでリフレッシュダイビングにしました!

伊豆は井田という浜でダイビング!

ゆっくりセッティングです!
ウエットスーツを着て、ブーツを履いたら
空気のタンクにレギュレーターを取りつけます。
まずは、いつも後確認だったガスの匂いを初めにクンクン!タダの空気ですOKグッド
タンクに機材を背負わせます→上すぎるとお尻とか腰が当たって痛いし、下すぎると頭に当たって痛いので背中にいい位置に付ける
自分が使うオクトパスが右から咥えられて、
左に長いほうのオクトパスと残圧計がくるようにセットOKグッド
ホースがあと二つびよ〜ん!
たぶん予備だろうと一つをBCジャケットのインフレーターに差し込む
がっちりハマってませんでした。引っ張ったら抜けた。ちゃんと確認してOKグッド
残圧計をふせて、バルブを開けますOKグッド
残圧確認!空気入ってますOKグッド
ジャケットに、空気入れるボタン、抜くボタンを、
海に入ってすぐに使えるように形状を確認するOKグッド

一度空気のバルブを閉めて
ブリーフィングへ

1本目。潜ったのですが、マスクが上手く装着できていなかったのと、久しぶりに妹がいない
ダイビングだったのと、前回、中世浮力がよくわからなくなったのの、妙な緊張でガッチガッチ

慌てて、マスククリアしたら、、やり方を間違えて、水いっぱいに、、、
難しく考えてると、息を忘れ、口呼吸しなきゃいけないことを忘れちゃって
Waどうしようっと思った瞬間、鼻から息を吸ってしまいパニック冷や汗

とにかく空気が欲しい。急浮上しちゃいました冷や汗
とりあえず、マスクの中を空にして、落ち着いてから
再度沈みます。

でも、その失敗が気になって、またマスクの中に水が入ってくるけど、
やり方間違えないだろうが、、、鼻で息して苦しくならないだろうかとかしょんぼり

悲壮な顔をしていたようですショック

1本目は、マスクの中の水と鼻の周りの空気が気になりながら
不安いっぱいで終わりました。

が、いつもと違い、リフレッシュダイビングだったので、
のんびり同じ場所にいる時間を長くとってもらえてたので。

のんびり浮力で遊んでみたり、マスククリアの確認したり
ジーーっと魚を見たり。
一緒に潜った方も好きなように潜っていたので
上がるころには、大分緊張はへってたかな?

2本目はすんなり潜れて、浮力もある時ぴたっと合ったのでひらめき

楽しかったですね〜小魚の群れが綺麗だった〜楽しい

緊張は楽しさを半減させててもったいないな〜と
少し思いました。

耳抜きも中世浮力も、練習あるのみですね!
あと、海水を鼻から吸い込んだの、目が濡れたぐらいで暴れてちゃだめですね〜反省

fish見た魚fish
ウツボ・ミノカサゴ・エソ・ソラスズメダイ・アカオビハナダイ・クロホシイシモチ・アカハタ・クマノミ・キンギョハナダイ
fishfishfishfish





 


今年のダイビング!

引っ越して、バイトもまだ決まらぬころ
一通のはがきが
”今シーズン限りでお店を無期限休業”
ライセンスや瀬戸内ダイビングでお世話になってるショップです

うひゃ!ショックだ。ずーっとお世話になるつもりだったのに

せめて今年もお世話になるぞと
バイト代が貯まるだろう時期に予約(あったらある分だけ使っちゃうタイプですね)

日付だけで、”7/22興津ダイビングツアー”を選びました

で?興津ってどこなんだろう?と
行くまで四国のどこかとしか分っていないのですが。

移動費が勿体無いので、神戸経由で
夜行バス→神戸自宅寄り道→普通電車→岡山実家宿泊

妹も巻き込んでたので夜は久々に実家で家族そろってごちそう!
朝早く一緒にダイビングショップへ

インストラクターさんが運転する車で出発
高速降りてからの田舎道にはちょっとドキドキしましたが
峠を越えるとなんだか、のどかな田んぼ道のあと綺麗な海岸に到着

マリンステーション興津”というダイビングサービスでお世話になりました。

いい天気でウエットスーツ着たまま移動はちょっと暑かったけど、
車で漁港へそこから船で沖のダイブポイントへ
結構揺れる船からバックエントリ
どうもあたしは、くるんと回らないので背中から落ちて横回りで通常の態勢に

人のを見てると足から水に入っているように見えるんだけどな〜

で、潜水!

???なんでだろ???

耳抜きがうまくいかない
う〜う〜ちょっと戻って、また沈んで、

そんなときに
下の方ではみなさんお魚にきょろきょろ綺麗な海を楽しんでいます

がそれどころじゃないよ〜
久さしブリなのに、なんだかすごい所潜っていくのね〜
うす暗いよ〜と、トンネルのようなところをくぐった頃に

耳抜き全然できなくなって、不安で凄い苦しんでいるところ
気が付いたら、インストラクターさんがいない
どうやら後ろで、フィンが脱げるトラブルがあったと後で聞きました

あたしは、ここのガイドさんに不調を訴え
ちょい浮上して、落ち着かせてもらって、
なんとか、耳の違和感をなくし、

そのまま、ガイドさんのストーカーのようにひたすら
ガイドさんのフィンだけ見て浮力と耳ばかり注意して1本目を終えました。

キョロキョロして自分で海の生き物を楽しむ余裕はあまりなかったですが、
ガイドさんのすぐ後ろだったので、
ここに伊勢エビ!ここにミカドウミウシ!と
教えてもらえる生物を楽しみました。

とにかく、何かわからないけどお魚がいっぱい!
豊な海です!本島でもこんなにお魚いるんだ〜サイコー!と
瀬戸と沖縄しか知らない初心者は思うのでありました。

お昼には、シーラのお刺身の差し入れなんかもあり
のんびり日向ぼっこもし

十分休んで2本目へ

今度は細かく耳抜きするぞと思って潜ったのですが

やはりす〜っとはもぐれずもたもたしていると

何か下でざわついています
(後で、それがハマチノ群れだったとわかりますがそのころあたしは、海面ちょいん所で
ひたすら耳抜き中でした。)

でも、その後は、耳抜きも上手くいき、流れに乗ったり根の横を見上げながら泳いだり
生き物もいっぱい〜っと

気を抜いたら、突然インストさんにつかまれました。
どうやら、急浮上しかけてたようです。
みんなと同じ深さだと思っていたのに??そこから、中世浮力パニックです?
自分の浮いてる位置とBCの空気の量に自信がなくなり上下をふらふらフラフラ
だからか、段々クタクタに

最後は、インストラクターさんに掴まれたまま、安全停止
綺麗な青い海すてきだな〜と、なされるがまま漂いました

船に登った瞬間に、お手洗いがとても行きたく
おなかがパンパンに張っていることに気が付きました。

とにかくおなかが張って痛い、前にかがめないとダメっとそのままぐったり
必死で我慢して、船が港に着くと、機材など、全部インストラクターさんに任せて
ガイドさんと建物に車で戻りました。

大変ご迷惑をおかけしました

最後に、機材の水洗いはちゃんとして。
帰りました。

何だか、トイレのショックで色々見た綺麗な海が吹っ飛んでしまいました。
でも、暑い日だったのでついつい、いつもと同じように飲んだかな〜お茶に味噌汁。

とってもとってもいい海だっただけに、かなり凹みます。

なので、もう一度潜りたいな〜興津!


可愛いおまんじゅう

帰りに道の駅で美味しい肉まんを食べて土産物を買って帰りました!
興津は、高知の四万十町でした。

携帯水没覚悟で船からの写真やお昼ご飯の写真を撮ったのに
自動保存の設定が知らない間にOFFになっていて
何も残っていませんでした(ただシャッター切ってただけだなんて、寂しすぎ)

この日、お世話になったダイビングセンターのブログには
インストさんにつかまれて安全停止している写真と
私だけ見れなかったハマチの写真、私も見た魚の動画が載っていました

1本目は松ヶ礁キャニオン 2本目は一礁 でした。

他の日のブログとか見てると素敵で。リベンジするぞと燃えるのでした



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
黒ひげさんで占い
お魚漢字☆
ときどきつぶやき
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
ずらーりキンギョならべてみると…
ずらーりキンギョならべてみると… (JUGEMレビュー »)
松橋 利光,高岡 昌江
一目惚れです。かわいい!
recommend
ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】
ACRI デジタルリマスター【初回生産限定価格】 (JUGEMレビュー »)

学生の頃に映画館で見てこんな人魚の話もあるんだと感動しました。中で使われている音楽も好きです。
recommend
写真ノ中ノ空
写真ノ中ノ空 (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎,荒木 経惟
recommend
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本) (JUGEMレビュー »)
五味 太郎
五味太郎さんのイラスト昔から好きです。
recommend
きんぎょ
きんぎょ (JUGEMレビュー »)
高岡 一弥,久留 幸子
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座